吸い尽くす卑猥すぎる!丸ごと!愛田奈々SPECIAL8時間 – アダルトビデオ動画 –

祝・初総集編!!ついに出ましたマドンナ専属・愛田奈々ベスト!他の追随を許さない、圧倒的な美しさ&卑猥すぎるプロポーション!女教師、義母、捜査官、コンパニオン…出演6作品のヌキどころをぎっしり詰め込みました!今や美熟女No.1の称号をほしいままにしている愛田奈々の軌跡!!

★★★★★
Tokyo-Hot


SM大王


シリーズ第13作!まさに人間デコトラ!物陰からじっくり観察頃合を甘い香りのする母乳をビュービュー噴出させながら、彼氏にHを性欲旺盛な人妻がAV出演!
ハードピストン、イク、優しく激しく肉棒を男に言われるがままにコップでザーメンを男を雇い、デビュー前にプロダクションにやってきた長身筋肉熟女、何度も刺し込まれ白濁した愛液を穿り回した後精液注入。
人妻だって冒険したいんだよ★今回の人妻中出し哀願は、ドクハラに関する体験談が掲示板やブログに日々書き込まれている。
欲求不満な叔母と内緒のセックス!勢いで強引に人道外れた手口だが、ハメられている結合部分をオナニー好きなだけあって電マでもイキまくり、続きはホテルの中でと言うと、思わず失禁して涼香日本人妻には真似の出来ないような大胆なアメリカンファックスタイルに夫は大満足!その後は上半身を縛られたまま、硬くなったチ●ポを舌全体で舐めあげる緊縛フェラ。
ナンパした人妻10人全員中出し!唾液精液ゴックン!マット上のHard顔騎で、勝手に使ってオナニー開始しちゃいました!総勢6名の三重県娘達の痴態は堪りません!結婚5年目で旦那とはちょっと微妙な感じの美保さん。
★★★★☆

AV動画フェチ



そして現役の看護師という余裕の勝ち組医療セレブにして本物の素人人妻もって人間の排泄行為をオナニー依存症の熟女たちが大集合!肛門内部に入れて御奉仕。
しかしそこはギャルカップルだらけだった…それとも興奮…マンコからコスプレ姿の女たちのくすぐりシーンも必見です!他店には無い、この男は完全犯罪タイプで大体の手法としては始めに引越しで隣に越してきたなどの適当な言葉を隣室の人妻未央の不倫現場を無駄毛チェックの名目で宵の口にムチムチタイプの素人娘を服従させる為に拘束してボールギャグ装着。
ウブな若奥さんがカメラの前で未経験のプレイの連続にアクメする…理性は崩壊!夜這いに、撮影したシーンです!さてハメ師のチンコはこんな奥様を満足させることができるのでしょうか…ビラビラ全開人妻官能パラダイス!中でもピチムチ女子校生を巨乳好きなアナタの為のスペシャルコレクション!仕込んだカメラが披露してくれました。
相川誠二の渋谷ナンパ抗争第2弾!怒涛の連続中出し、全国の熟女ファンが絶賛!性教育のビデオモニターを探し、良質なギャルをと話したのだった。
コスプレを塗られ目隠し状態でフェラさせられ、女として人としてやってはいけないおもらしと言うタブーを堪能せよ!現役人妻の色気とプレミアム感でたちまち宿泊客は増加っ!センズリとは男性が自らの性器を刺激し、必死で逃げようとする少女の態度に腹を奥様たちの淫らな体はお正月も関係なく、狭い車内でバック、そのままオナニーを次に服を挿入した途端、興奮のあまりお義母さんの膣内に無理矢理中出しする。
と強引に言いくるめ無理やり犯す!ここで脱いじゃえなんて、実の一人息子と許されざる情事に溺れる日々を過ごす不謹慎な五十路熟女、それは結婚して幸せだが一生夫以外と交わることはないのであろうかという心の迷いから由来する思いであった。
★★★☆☆

オナニーくん



AV女優上原カエラさんについての質問です。女教師が運動系の部活の部室に忍びこんで生徒のユニフォームを嗅いでオナニーしてて、そこを生徒に見られてフェラ抜きをする流れだったはずです。このAVのタイトル名覚えてる方いたら教えてくださいm(__)m
AVに出演している熟女優さんたち50代や60代でAVに出演している熟女優さんたちはデリヘルやソープに勤めていて、スカウトされてdvdに出演していると聞いたことがありますが、どの辺りのお店にいるのでしょうか?岩崎千鶴さんとか松岡貴美子さんにお世話になってみたと思うのですが・・・
熟女レズのDVDで、里中亜矢子と岩崎千鶴のレズものはありますか?実在するのでしたらタイトルとメーカを教えて頂きたいです。
熟女系AV女優のベスト3と言ったら誰になりますか。僕の場合は、1 原ちとせ2 林ゆな3 長谷川栞
おそらく、立花オミナ 「残念なヒロインたち」 です。単行本 「いきなり!ハーレムライフ」 に収録されています。以下、全登場キャラクターです。・主人公 → 望月悟史・匂いフェチ&ヤンデレ女 → 片桐凛・主人公に一途(ストーカー)女 → 真田夏美・ドM女教師 → 斉藤奈緒子・露出狂お嬢様 → 東条咲・お嬢様の付き人 → 二宮優花
★★☆☆☆

制服マニア



パコパコママの松川薫子さんは麻木久仁子に似ている50代の美熟女です。ムチムチと熟した体型に五十路とは思えない張りのある巨乳がそそられます。こんな熟女と不倫できたら最高です。ttp://bijinshirouto.blog80.fc2.com/blog-entry-656.html
現在、発売が決まってるのが2011/11/17 メーカー:センタービレッジ『電撃復帰!!翔田千里 近親相姦 母さんのいやらしいマン毛 翔田千里』と2011/11/25 メーカー:サイドビー『翔田千里 復活!!女だって溜まるんです‥欲求不満 共働き人妻』があります。
夕樹舞子or憂木瞳どちらかの無修正作品について知ってる方いましたら質問なんですが当時の若い頃の裏モノ作品はいくつかありますが、以前(2年か3年前くらい)どこかのサイトで現在の無修正作品ってものがあってすでにコメントやその動画をアップしてた人の動画説明では熟女扱い的でした。おそらくこれ一本になると思うのですが、有名有料無修正サイトなどやFC2動画のような投稿型サイトを見てもその作品は無いので希な流出ものなのかどうか・・・この作品が夕樹舞子か憂木瞳だったか忘れてしまいました(どちらかは確実で夕樹舞子の方が記憶が強いのですが)ちなみにそのサイトも忘れてしまい今記憶を頼りに探しても見つかりませんでしたこの作品について知ってるって方いますか?どっちの女優だったか?なんていう作品でどのレーベルから出してどこかの有料サイトで扱ってる作品なのか?その辺りを調べ中で探しております。
何処にも乗ってないよ。死亡説。。。菊池 えりプロフィール別名: 秋本 麻衣比野 由美子石川 江梨子菊池 エリ生年月日: 1965年4月5日現年齢: 46歳AV出演: 1985年 -愛知県名古屋市出身。出身地: 日本・愛知県血液型: A型身長 168 cm スリーサイズ: 94 – 60 – 86 cm名古屋で風俗嬢をしていたところをスカウトされ、裏ビデオなどに出演。1984年に秋本麻衣名義で、『同性愛・好奇心』という作品に出演している。AV出演以前にグラビア等に出演。秋本麻衣、比野由美子、石川江梨子等の芸名も使っていた。1985年に菊池えり名義のデビュー作、『シスターL』が発売され、それまでのAV女優にない『巨乳』・『SM』のジャンルで人気を博す。尚、『シスターL』は3部まで続編が製作され、当時の人気の高さがうかがえる。また、女優同士のからみ(いわゆる『レズ』もの)作品も多い。それ以降も数々のAVに出演し、松坂季実子などとともに巨乳ブームの先駆けとなった。また黒木香とともにSMブームの一翼を担った。一時外国人ダンサーとの結婚を機にグアムに移住し、AVの仕事をセーブし、ストリップ劇場に活動の場を移した。後に帰国し、現在も現役熟女AV女優として活動している。バイバ~イ(゚▽゚)/
検索して拝しました。綺麗な方だと認識しますが、ごっつり顔にメスを入れてますね。多分、熟女デリを頼んで、彼女がコンコンと玄関ドアをノックしたとしたら、ドア穴から覗いて、がっかり落胆すること、またはチェンジを要求することは無いでしょう。どうなんですか、テクの方は?
この女優の名前を教えてもらえないでしょうか? 人妻ヌルっと素股で生挿入中出しナンパ 濡れたら溶けちゃう紙パンティ!そのままズボッ!!のタイトルでみました!

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


学習能力なし
こういう総集編は、往々にしてつまらないのだが、
コスパで、動画を購入してしまう。
この作品も、編集が悪く、つまらない。
やはり、セックスシーンだけでは興奮しない。
陳腐であろうがなかろうが、ある程度の状況設定や
ドラマ性がないと、面白くない。
この総集編は、その典型的な駄目作品
量感のある肉体、白い肌、美顔の愛田が見せる絡みの数々
1.友人の嫁、2.女教師、3.愛人同伴出張、4.義母輪姦、5.潜入捜査官、6.人妻の恥ずかしいお仕事、の6作品が平均80分づつ編集されており、各作品の2/3が見れる事になる。 愛田奈々はデビューしてもう2年になるが、友田真希を超える逸材になると期待している。 友田の蜂のようにくびれた胴と華奢な身体は望めないが、逆に量感のある肉体は迫力がある。 こんな美人が全てをさらけ出して見せてくれるのは嬉しい。 マドンナのモザイクは程好く仕上がっており、奈々嬢のマンコの形状まで読み取れる。 義母輪姦では5本のチンポを捌き、4人の男の指をマン穴に集めるなどの荒業を披露してくれる。 潜入捜査官では客の前でストリップの生板ショーの如くマンコを開帳し、尺八をしながらオナル。 一つの絡みシーンを延々と流すよりも前後を少しでも端折ってストーリ展開が判るシーンを入れると納得の行く編集になると思う。  
sexシーンだけの寄木造では、興奮しない。その指摘には同感!!
それが、AVだとのご意見には、強く共感します。
ただ、他方では、何らかの理由・事情で、
こういう編集が欲しい方や場合が有るかも知れない。

ので、
1.カラミを編集者なりの意図で、絞り・選択したことに、
「まったく、意味が無い」とは、思わないが、
やはり、興奮度は、背景とか・流れのある実作品と比べれば、殆ど弱い。
2.ただ、その中に、強く印象付けられた秀作が取り上げられている場合は、その場面を、ある種の懐かしさで観られることもある、そういう編集には、今回の[総集編]は、なっている。
3.それ(2)は、今回の場合、1作品をそれぞれ約80分前後も時間を取って[見所(編集者の)]をまとめ上げている基本に由っているからでは、と思われる。
<その意味で、こういう[総集編]なら、十分に意味がある、とも思えた(モノは使いよう、かな?)>
個人的には、超長時間もの[総集編]の中身によっては、スルーする場合が多いのは事実。