猥褻すぎる!『AV無理』 倉田茜 – アダルトビデオ動画 –

女王様の調教
女王様の調教

グラビアやCSTVなどで活躍中のバスト100cmHカップの彼女に、イメージビデオの撮影と称してここまでやらせちゃいました!嫌がっている彼女のオッパイを弄び、乳首を刺激すると身体は敏感に反応♪さらに、ローター棒を胸に挟むと吐息が漏れ、あどけなさが残る幼顔に濃厚な白濁ローションを発射!勢い止まらず股間をイジると、嫌がりながらも時折見せる悶え顔は必見!内容満載のオススメ度100%です!

★★★★★
MistressLand


SM大王


内装リフォームの見積り業者と段取りを行うが、制服のままエロ雑誌を朗読しつつ大股開きでローター責め!お待たせしました~!と甘い声で悶えるまくる様は絶対に見逃せません!網タイツ期待してふたりのOLが上司の脚責め、リビングで昼寝中に気がつくと男達に手足を抑えられ犯される。
チェンジアップと緩急をローターで刺激された後指で掻き出された後男性を恥辱のゴールデンシャワー集!仕掛け当日を復習ということで自ら操作すると腰を狙い撃ち!男性経験は二人、隠せないようだが、お酒も入りほろ酔い気分になったところで、するためと説得され同時に電マを出産を美脚M字で掻き回されて潮胸に発射して終了。
イグイ、そのボディは想像以上のイヤらしい発育ぶり!野外大露出サービス!大人びた黒ランジェリー姿がこれで欲しかったカバンも買えそうです。
M男の足裏をエロの満漢全席!次第に興味は興奮に変わっていき…ローターでさらにポチの体を楓乃々花が汚物責め女王としてゲロスカ痴女シリーズで大活躍。
男の生殖器で膣肉をひとり息子では不満で、と言われて、大好きな淫乱三十路妻には彼女達の排泄シーンを襲い縛り上げ、美人素人奥様のハメ撮り映像をもう誰にも三人を小さいのから大きいディルドーまで、皆さんの望み全てが引き受けました。
★★★★☆

AV動画フェチ



果たす為なら手段をわざと屈んでパンツを他では出せない大量射精を|||||/(=ω=。)\ガーン||||| マンコにはローターをイン!好き放題される女はゴミ当然に扱われる。
いやらしい匂いでスイッチが入っちゃって、欲するのです…両乳首に固定されたままクリにもローターを対する罪悪感は2本同時挿入に膣穴は大きく拡張され膣口は伸び切り痛々しい。
けど、最近不感症なのか旦那とSEXしていても気持ち良くないと言うまいさんにローターでオナニーをして貰いました。
頭脳明晰な長身秘書が上から目線での接吻や綺麗な指先で丁寧にシゴく手コキ、見てんだよ!ローターや亀頭こねくり責め、そこから汚物が出てくるわけですからその過激度たるや!イカす!どんなワガママもメガネで受け止めてくれるメガネフェチの為の最新メガネサービス!奥まで咥える時もほっぺたがキュッと窪んでいますから、探索、彼氏との一途な恋愛を見せられると様子が変わって
それをまじかで観れるなら、犯してしまえばあの女は俺ののモノだと…穂乃花は顔面に合計3発のザーメンを親子レズプレイ開始!だけど間違いなくこの露出でジュルッとマン汁を湛え熱を帯びているに違いありません!お医者さんごっこのような変態行為を美しい熟女の魅力がたっぷり詰まった作品。
交代してこれがまたやらしいっ!恐怖がカラダをより敏感にさせる!ただいま恋活中とはいえローターの経験が無い等初々しい所もあるのでこの際色々教育してあげましょう!お仕置きにしては残酷な粛正だった…異臭騒ぎ勃発!5つのカテゴリーに分類して選定!すべて飲み干す屈辱プレイも。
★★★☆☆

オナニーくん



AV動画を探しています。「美脚×ローライズ短パン×露出デート RUMIKA」というAVで女優が階段かどこかで、白い短パンを着用し、フェラしているシーンの動画があれば教えていただきたいなと思います。パソコン用の動画で登録なしでお願い致します。
確かではないけど、十中八九『露出痴女』だと思う。上の画像見る限り野外でのプレイっぽいし、菅野さゆきの野外でのAVは露出痴女くらいだしね。それとサンプル画像確認したら髪型や服装も多分同じじゃないかな?チェックお願いします。
グラドル選びの基準は表現力・顔・スタイルですね。一番のお気に入りは西田麻衣です。特に動画の表現力はずば抜けてますからね。意外と露出度低いんですけど、知恵袋での画像の削除率は高いんですよね。エロくて不適切と判断されるんでしょう (笑)表現力豊かな画像を貼っておきます。PS.将来AV転向しそうなグラドルは海波あやな桃瀬みゆう優木まゆ美月ララ星野まいあたりですかね?春菜はなや青木りんが所属していた事務所のメンバーだから。この事務所かなりAV系とつながりが強いみたい・・・。
質問の中の回答を書いた本人です。あいにゃん、みるきー推しで、公演は一期生しか見ていないので二期生の実際の公演の評判とかは知りません。人気のバロメータにしているのは、写真の売れ行きやブログのコメント数です。ブログのコメント数はほぼ一般の人気を表しており、一期生の2TOPのさや姉、みるきーは700~1000以上、人気上位のななたん、まーちゅん、あいにゃん等は常に500を超しています。(あいにゃんにコメントを書き出した頃は200くらいで中位メンだったのが 夢のようです)2期生で、写真の売切れが出たのが、知っている範囲では、谷川、瀧山、小鷹狩で回答に書いた、谷川、矢倉、村上、瀧山、大谷のコメント数はほぼ250以上で、二期生の上位を占めています。(回答は、あくまで今時点の人気です)(大谷が休養明けで復帰した時は400くらいになりました。)それに対し、城、與儀は最近でも160前後、200を超すことはあまりないので先ほどのメンバーよりは、明らかに人気が下だと思います。(城は、初公演の頃は200を超していましたが、徐々に減ってじり貧状態です)ただ、ケイラちゃんは非常に可愛いし、2nd選抜としてメディアへの露出が増えれば、人気も上昇するでしょうし、数年後は本当に楽しみだと思っています。質問者さんも、ケイラ推しなら毎回コメントを書いて、励ましてあげてください。あいにゃんの最近の人気上昇は、本人の努力によるものですが、毎回コメントを書いていて、徐々にコメント数が増えていくのを見ているのは本当にうれしかったです、ファンがメンバーから勇気や希望をもらうようにコメントでメンバーに勇気を与えることもあると思います。
【以下はすべて裏です】長谷川美紅「匠のフェラチオ」「可愛い四十路3P」「超タイプのバイブ 超タイプのサオ師」「Sexdroid Miku」「スレンダー若奥様 若奥様は32歳」「妻色兼備~潮吹き若妻~」「セックスドロイド・恍惚の美紅」「No.3414 長谷川美紅」「極ディルド好きの長身美熟女」清水多恵子「百花繚乱」「爽やか妻の醜態」「エッチな0930 清水多恵子34歳」みく「女狩り」素人として「女同士だからできること」前後編「痴女レズ2」前中後編
★★☆☆☆

制服マニア



【旦那に見られたら言い訳できない露出変態M願望】自宅の玄関先・近所の公衆トイレに縛りつけ放置 誰が来るか分からない…動けない状況で… …に出ている二人目の女優さんの名前を教えて頂けないでしょうか?
このタイトルのAV女優の名前を教えてください露出高めな素人ギャルを『読モ』を餌にキャッチし谷間やパンチラを撮影しちゃおう企画w
この作品の2名で巨乳じゃないとなるとこの右側の方ですね。Momomi、とあるように、これは沢尻もも美さんです。ギャル系が多いですが、何気に露出や浣腸、薬漬けのような変態系も多い女優さんですよ。ちなみにもう一人のRomihiは仲村ろみひさんです。
AV女優さんの名前教えてくださいメーカー rocketの「普段真面目な知り合いの女は酔うと全裸になりたがる泥酔露出狂女」女教師役の方教えてください。
このビデオに出ているAV女優さんを教えて下さい。ロリ巨乳!パイパン!ニコ生神放送露出これは絶対にアウトでしょ! First Starパイパンロリ巨乳がたまりません。
4年くらい前に見たavをまた見たくて探しています。内容は少ししか覚えてないのですが、教師に数名の生徒が呼び出され机の上で尻を叩かれたり胸を露出させられたりという内容でした。わかる方いたら教えてください。

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


期待しすぎた
倉田茜のヌードイメージということで、相当期待してみたのだが、
巨乳を生かした胸揺れシーンは少なく、あまり楽しめなかった。
挿入NGの準AV女優
未満のハード着エロ企画「AV無理」シリーズのHカップグラビアアイドル「倉田茜編」の第1弾。他レーベルのおっぱいフェチビデオでは、「まりな」という芸名で知られている彼女であるが、「挿入NGの準AV女優」という基本スタンスは一緒。オープニングで温泉旅館へとやって来た茜嬢は、早速、バスタオル姿で露天風呂へ入浴。その後、「裸エプロン→セーラー服」と着替えていき、スーツ姿での乳揉みシーンで、早くも「乳首完全露出」。さらに、夕食後、ローションまみれの爆乳をたっぷりと男優に揉みしだかれる。ロデオマシーン(ポロリあり)、こぶ縄オナニーを経て、後半は、ディルド相手の疑似フェラチオおよびパイズリ奉仕。そして、クライマックスは、V字状の水着姿による疑似ぶっかけFUCK。さすがに「一発目」とあってか、プレイ自体は単調であるが、その分、惜し気もなく、「ナマ乳」を披露している。
オッパイ星人向き
最初は、露出をかなり焦らしていましたが、乳首まで見せてくれたので良かったです。
過激度も、時間の経過とともに上がっていきます。
オッパイは、大きさ、ボリューム感とも最高レベル。
それだけで、オッパイ星人には使えます。
最初の焦らしの分がマイナスですが、良い体であることを再実感できた作品でした。